IJCADの特徴とDWG互換CADのメリット

建築業界で古くから使用されてきたAUTO CADは、使い勝手がいい分、導入に多額の経費がかかることでも知られています。ライセンスの不足だけでなく、定期的なバージョンアップにも経費がかかるため、多くの企業では、何年も前のバージョンのまま使い続けるのも一般的となっています。しかし、バージョンアップの際に、DWG形式にも変更が加えられるため、図面を開けないというような不都合も生じることがあります。また、2015年以降は、アップグレードできる製品も減り、新規購入すると多額の費用がかかることになります。そのような理由もあって、DWG互換CADソフトのひとつであるIJCADへの移行を考える企業が増えてきているのでしょう。

AUTO CADからのスムーズな移行ができる操作性やランニングコスト、レスポンスのよさ、フリーズしにくい安定性などが評価され、実際に導入した企業でコストが従来の3分の1ほどに抑えられた例もあります。これまで、限られていたライセンスにより導入できるパソコンに限界があったものが、全てにインストールして使用することができるようになり、スタッフ全員が同じ環境で仕事ができるようになります。また、イントラネットを介して使用できるネットワークライセンスを導入すれば、パソコンの台数よりも少ないライセンスの購入で済むのも大きな魅力です。このように、DWG互換CADは、操作性や互換性に優れているととものにコストを大幅に削減することができるのが最も大きなメリットと言えるでしょう。