AUTO CADとDWG互換CAD

設計業務に欠かせないアイテムとして世界的に認知されているAUTO CADは、建築施工図を作成するうえで最大限に能力を発揮してくれます。2次元CADのジャンルで圧倒的なシェアを誇っているものの、その導入には、初期投資のほか、ライセンスの拡充やバージョンアップなど多額のコストがかかるため、その運用コストをどう削減するかが各企業の共通の課題となっています。また、近年の建設業界では、3次元モデルを使用して設計する「ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)」や土木分野の「コンストラクション・インフォメーション・モデリング(CIM)」が急速に普及しており、2次元CADソフトの運用コストを削減して、これらに投資することに注目が置かれています。

そんななか、DWG互換CADは、AUTO CADの図面ファイルを読み書きすることができる安価なソフトとして2次元CADコスト削減に大きく寄与できると期待されています。しかし、長年AUTO CADを使用してきたスタッフからは、ファイルの互換性や図面化け、大容量のファイルを取り扱う際の安定性や操作性、新たに導入するための研修や訓練の必要性など、不安材料もあるとの声も聞かれていました。実際には、大手ゼネコンでもAUTO CADを使用してきたものの、ライセンスが不足するという問題に直面したこと、全ての社員が図面を描くのではなくライトユーザーが多いこと、などを理由としてDWG互換CADを導入している例が多いようです。なかでも、「BricsCAD」「JDraf」「IJCAD」などの移行を検討しているところが多く、ファイルの互換性や操作性に問題は感じないという意見が多く聞かれています。